腸内環境悪化の原因と体にあらわれる症状【まとめ】

 

腸内環境とは、主に大腸の環境を指しています。腸は第二の脳と言われるほど複雑かつ重要な臓器であり、非常に様々な機能を持っています。そのため、腸内環境が乱れ腸がうまく働かなくなると、健康状態を悪くし、体に様々な影響を及ぼし、時には病気の原因ともなります。

 

大腸は小腸に比べると短く、面積も小さいのですが、小腸に比べると病気が起こりやすい場所です。大腸は食べ物の消化吸収の過程において糞便を作り出す役割を担っています。大腸の内部には多くの腸内細菌が生息しており、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分類されます。

 

この三種類がバランスが健康な体の維持にとって非常に重要であり、このバランスが崩れた状態が、腸内環境が乱れている状態となります。

 

腸内環境の悪化の原因は、主に食生活の欧米化とストレスだと考えられています。食事が欧米化することで動物性脂肪、牛乳や乳製品などの動物性食品の摂取量が増え、米や食物繊維の摂取量が減っています。

 

これにより腸内での消化に時間がかかると同時に便秘になりやすくなり、その結果として腸内環境が悪化するのです。また、大きなストレスを受けると腸が痙攣し、便秘になりやすくなります。そのため悪玉菌が繁殖し、バランスが崩れる原因となるのです。

 

腸内環境が悪化すると、体にもさまざまな症状が現れます。悪玉菌が多くなることでバランスが乱れると、腸の運動が乱れて下痢が起こるようになります。粘膜の機能に異常が生じると、潰瘍やただれができて潰瘍性大腸炎になります。
加えて腸内細菌は免疫と深い関係があり、腸内細菌のバランスが崩れると免疫力の働きも左右されます。また、腸内細菌が生産する有害な物質による粘膜への刺激が、がんを発生させることがあります。大腸にできる大腸がんは便が長い間腸内に留まることで腐敗を起こし、結果として大腸に大きな負担がかかることで起こります。

 

大腸の調子を整える為に、腸内デトックスサプリを利用するという方法があります。腸内デトックスサプリは悪玉菌の増殖を抑えると同時に善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整えることを目的としています。主に含まれているのは乳酸菌です。

 

腸に到達した乳酸菌は善玉菌が増えるのを促す一方で、悪玉菌を退治する働きをします。善玉菌のエサとなるオリゴ糖や、便通を良くするための食物繊維などを併せて配合している腸内デトックスサプリもあります。食生活やストレスの見直しと併せて、こうした腸内デトックスサプリで腸の健康を整えましょう。

 

 

腸内デットックス サプリ ランキングはこちら >>