腸内をデトックスしてくれる成分一覧

 

原因不明の肌荒れやうまくいかないダイエットなど、多くの現代人は日々の生活の中で様々な不調を抱え込んでいます。その体の不調の原因に腸内環境が大きく関わっている可能性が高いといわれています。人間の体は体内の余分な老廃物を排出する時に、75%近くを便から毒素として体外へ出しているといいます。

 

腸内の環境の整っていると余分な毒素を効率良く排出する作用に優れるため、体内の新陳代謝を活性化する働きが高いことも分かっています。反対に腸内環境が低下していると便秘や下痢などの症状を引き起こしやすく、デトックス機能が正常に働かなくなってしまいます。

 

そこで最近話題なのが腸内デトックスサプリの存在です。腸内デトックスサプリには実に多くの種類があり、その効能や特徴も微妙に異なっています。カスピ海ヨーグルトの乳酸菌には、クレモリス菌FC株という有効成分を含んでいます。

 

クレモリス菌FC株は強力なねばりを持つのが特徴で、生きて大腸まで届く作用があるといいます。そのため便秘がちなお腹をすっきりと快調に整える効果が高いと評判です。ビフィズス菌はもともと大腸に多く存在するといわれる成分です。

 

ビフィズス菌の出す酢酸には強力な殺菌作用があります。その強力な殺菌作用で他の有害な菌の増殖を抑えて、腸内を健やかに保つ働きが高いといわれています。またラブレ菌にはこのビフィズス菌を増やす働きがあります。ラブレ菌は非常に強い生命力を持つことから、生きたまま腸まで届き悪玉菌の増殖を抑制する作用があります。

 

ラブレ菌には腸のデトックス機能を向上させて腸を守る働きをします。またガセリ菌は日本人に非常に相性が良いといわれる乳酸菌です。ガセリ菌は乳酸菌の中でも腸に長くとどまるという特徴を持っています。ガセリ菌には腸内環境を整える他にも、免疫力を向上させるなどの効能もあることで知られています。

 

ケフィアは複数の乳酸菌と酵母などが1つになったプロバイオティクス乳酸菌の1種です。ヨーグルトなどの単独発酵とは異なり複数の乳酸菌から成り、牛やヤギの乳をアルコール発酵させた酵母が混ざっているのが特徴です。

 

美容や健康に良いとされるビタミンやカルシウムを豊富に含み、様々な病気の予防にも効果的とされている成分です。ラクトフェリンは母乳の中に含まれるタンパク質をはじめ、チーズや牛乳などの乳製品にも多く含まれています。

 

主に整腸作用に優れるので、便秘解消や骨を丈夫にする働きがあります。また腸内の善玉菌を増やしてデトックスするので、内側からみなぎる元気を実感することができます。

 

ざっと挙げただけでも腸内デトックスサプリに使用されている有効成分には、これだけの種類があります。それぞれに良い点があり効能も微妙に異なるため、自分の求める腸内デトックスサプリを見つけることがおすすめです。

 

 

腸内デットックス サプリ ランキングはこちら >>